未就学児にはどんな教育をすればよいのか

幼児期の楽しい!できた!は子どもたちの心を育てる素(未就学児の教育)

世界共通どの親も子どもにかける期待の大きさは同じ

いろんなものに興味をもってほしいという願いがあり、就学前からプログラムを受けさせ教材で感性を磨く。 子どもたちのためにつくられた内容に共通するのは心の成長です。 自分で課題を見つけて達成できたときの満足感の積み重ねが自信になります。 家庭での教育とのバランスが取れてこそ子どもたちの能力も開花するのです。

▶︎ 全文を読む

身近な体験が夢につながる

子どもの頃にもった夢は何度か変わることがあるかもしれませんが、今の子どもたちは夢をもたない子が多いようです。 何かに絞らずに、いろんな体験を親子で楽しみましょう。 幼児期の体験で夢中になれたものが、もしかしたら夢になるかもしれません。 やりたいことができた!と心が満たされる体験は貴重なものなのです。

▶︎ 全文を読む

親の愛情と体験のスパイスが心の成長を育みます

みなさんは子どもたちの将来に何を望みますか?
生まれてきた我が子には幸せな一生を過ごして欲しいと願っています。
勉強もスポーツも万能で、学校では優秀な成績を、できることなら自分のような苦労を子どもにはかけたくないから幼児教育をと考えるお父さん、お母さんがいるかもしれません。
本来は子どもが受ける幼児教育ではありますが、子どもと一緒に親も成長するものだとしています。
海外でも幼児教育に興味をもっているお父さんやお母さんが多く、プログラムの内容は国によって特色があります。
日本と同じように読み聞かせ等を行い国語力を重視する内容だったり、物を作り出す技術的なものに実際に触れながら仲間と一緒に学習していくスタイルがあるなど、子どもたちの中に眠っている能力を伸ばすきっかけになるプログラムが組まれています。
子育てをしていく中で親にとっての「いい子」とはどんな子どもを指すのでしょうか。
就学前までの子どもたちは食べる、寝る、遊ぶといった人間としての本能で生きています。
経験談になりますが、この時期の「いい子」は親の手がかからない育てやすい子だと話していた記憶があります。
学校へ通うようになると子どもたちの視野が一気に広がります。
一つの社会へ踏み出し、第三者の刺激を受けます。
周囲から課題を与えられそれを難なく消化していく子どもたちを「いい子、できる子」だと話すことが増えます。
しかしこの評価は、あくまでも子育てのしやすさを見ている評価に過ぎず、子どもたちの本質はそこではないと思うのです。
子どもたちの個性を尊重し、自分で課題を見つけて考え解決していく力を伸ばす「自立心」を育てる未就学期の教育が世界共通で求められています。

子どもの得意も苦手も立派な個性

お子さんに教室や教材を選ぶとき年齢に適した内容を選んでいますか。 この年齢だからできて当然だとか親の中の当たり前を子どもたちに押しつけないようにしたいものです。 ほかのお子さんに対して「親の顔が見てみたい」と思ったことはありませんか。 子どもは親を映す鏡だと言います。 言葉の意味を考えてみたいと思います。

▶︎ 全文を読む
TOPへ戻る